彼のお気に入り

恥ずかしいんだけど
彼はすごくエッチな人で
デートの度に何度も求めてくるの

最初はまだ普通だったんだけど
徐々に色んな要求をするように…

例えば
ノーパンでデートしたいとか笑
エッチな下着を履いて来てとか

彼のお気に入りの下着はコレ

ビースの所が歩く度に
感じやすい所を刺激して
じんわり熱くなっちゃう

彼ったら、エスカレーターで
「あのパンティ履いてるの?」って
意地悪な目で見てくるの

私はアソコの奥がキュンっとなって
恥ずかしくって彼を見れない

それなのに、追い打ちをかけて
「いっぱい舐めてあげるからね」
って耳元でささやいてくるの

パンティの中は蜜であふれて
どうしようもなく彼が欲しくなる
ギュッと彼のシャツの裾を掴むと
「もう行こうか」って彼が覗き込む

ホテルの部屋に着くなり
ストッキングをはぎ取られ
「足を広げて」って
私は首を横にふって抵抗するけど
力いっぱい足を持ち上げられて
アソコが丸見えの恥ずかしい格好に

彼の舌がパンティの中を這い回り
アソコを指で広げて
貪るように舐めつくされるの

私はあまりの快感で
気を失いそうになっているのに
さらに彼の指が中に入ってきて
奥の方をいやらしく弄られる

たちまちベッドが水浸しになって
私はガクガクと痙攣しはじめた

彼が「すごく可愛いよ」って
抱きしめてキスをしてくれた

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
にほんブログ村


恋愛ランキング