• favorite,  エッチなお話

    彼のお尻を攻めてみたら

    その日は三宮から歩いてすぐの 素敵なステーキハウスでランチ とってもリーズナブルなのに 柔らかくて美味しいお肉だった 「すっごく美味しい!」って お肉をほおばっていたせいで 会話は弾まなかったけれど(笑) お腹がいっぱい…